スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牟岐町にて

2006.01.09.22:28

牟岐町内を散歩していて こんなものを見つけました
 注連縄です

注連縄が 威勢よく跳ね上がっています
 まるで 取れ取れの魚のように見えませんかぁ?
注連縄

注連縄についている紙には
  「蘇民将来の子孫の家」と書かれているんです
「昔スサノオノミコトが、南海への旅の途中
蘇民将来・巨旦(こたん)将来という名前の二人の兄弟のいる地に立ち寄り
そこで ミコトは一晩泊めてくれるよう二人に頼みました
弟の巨旦はとても裕福だったのですが 断りました
兄の蘇民は貧しかったのですが 親切にミコトを泊めてあげました
スサノオノミコトは喜び 蘇民に
 「今後、この地に悪い病気が流行ったときには、蘇民将来の子孫であると言い
茅輪(ちのわ)(茅や藁(わら)を束ねて作った大きな輪)を腰に着けなさい
そうすれば病気を免がれるでしょう」と言って その地を立ち去った
という言い伝えが あるそうです
こうしたことからか、現在でも札に蘇民将来子孫と書いた注連縄を飾り
家の中に邪霊が入るのを防ぐ呪符の意味を持たせているようです

ただしこの札は つけている御家と つけていないお家がありました

注連縄につけていなくても 「蘇民将来子孫」の お札だけ入り口に
  貼っている地方もありますけどね
スポンサーサイト

comment

Secret

ワンクリックお願いします(^0_0^)
リンクしてまーす
カレンダーと月別アーカイブ(タブ)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



My PET
beebon君

にゃんこ
カテゴリー
狛やん
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。