スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弓弦羽神社

2006.03.19.12:29

神戸市東灘区に有る「弓弦羽神社」です
その昔 神功皇后が三韓より帰還時 
       長門国豊浦より摂津国難波浦に向かう途中
忍熊王が兵を挙げたことを知り 
皇后の弓矢・甲冑を納めて熊野大神を祭り
不断に祈念された。
戦いに完勝 御子皇子は後に応神天皇となった
この故事により 神社背後の秀麗な峰を弓弦羽嶽と呼び
また六甲山とも云う

子供の頃 甲(かぶと)を6個埋めたので 
      六甲山と名づけられたと聞いた事があります
弓弦羽神社

熊野大社のお使いの三本足の八咫烏が 本殿に沢山並んでいます
 この八咫烏は サッカーのシンボルマークとして使われてるので
    皆さんご存知ですよね
神社の参道は 桜並木
 両方から 枝が張り出し 
      桜の季節になると 花のトンネルになりますよ
境内の隅に「力石」が置かれています
 説明によると
 『神社の境内に置かれたもので 力量をためし又は記念する為に
 奉納した物。その根源は別にある
 石に神霊の憑る思想が 基礎となって それを差し上げる事によって
 神の感応を知る 一種の石占いである
 江戸を中心に各地の神社に行はれ 江戸時代の末期から
 明治初年期に流行した
 形は多く卵型で差し上げた者の氏名と重量が刻んである』そうです
大きな樹は椋木(ムクノキ)です
 これも説明によると
 『神戸市指定  天然記念物  第7号
         平成15年3月26日指定
弓弦羽神社の椋木(ムクノキ)  
    胸高周囲   4m30cm
    根回り    5m
    樹高    16m
    枝張り   17m
    推定樹齢 350年
  ムクノキはニレ科の落葉高木で 
    本州 四国 九州の低地に多く生育している
  この木は 兵庫県に於いては 胸高周囲で 21番目
  阪神間では西宮市の物についで2番目
  神戸市内では最大である
  樹勢は大きな枝枯れも無く良好で 今後も成長していくものと思われる
      平成15年4月    神戸市教育委員会』だそうです
弓弦羽神社で・・・

境内に咲いていた 梅の花です
梅の花



震災の時 ここの境内は JR住吉駅から阪急御影に乗り換えるため
 良く通ったところです

    良くも悪くも 思い出の多いお宮さんです
スポンサーサイト

comment

Secret

ワンクリックお願いします(^0_0^)
リンクしてまーす
カレンダーと月別アーカイブ(タブ)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



My PET
beebon君

にゃんこ
カテゴリー
狛やん
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。