スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このお花 見たことあります?

2006.04.24.11:05

「ムサシアブミ」
サトイモ科で ミズバショウやザゼンソウも仲間なんですよ
ムサシアブミ

スポンサーサイト

日和佐駅の陸橋ですが・・・・・・・・・・

2006.04.21.16:45

日和佐道の駅が 出来た時に 造られた陸橋です

吹きさらしですから 風雨の日は 歩きにくいでしょうねぇ
 何故造ったのかと言うとぉ
陸橋で線路を渡って 向こう側に渡ることも出来ますが
 道の駅2階にある「日和佐町商工会」に 行く為だとか・・・・

しかし 商工会に通じるドアには
 「関係者以外入室ご遠慮願います」の文字が
ここから 本当に出入りできるんでしょうか????
 閉鎖されているような気がしますけどねぇ 

一応日和佐町商工会のHPあったんですけどね゚m゚*) クスっ♪
  これがめっちゃひどい物だったんですよ
     最近なくなってしまって ご覧いただけないのが 残念!!
陸橋ですが・・・・・

こんな陸橋 体の不自由な方や お年寄りに渡れって
  かなり ひどくないですかぁ?
線路には ちゃんと 通れるところがあるんですよ
    閉鎖されていますけど

以前は ここも通れたそうです

何を考えて こんな無駄な物を造ったんでしょうねぇ
 これも 国民の税金ですよ
何故に閉鎖??

これは?

2006.04.19.16:12

昔の防空壕跡を 見たことがありますが・・・・・・
 でもこれはちょっと 違うような気がするんですよね

   野菜の貯蔵庫?
      ご主人の書斎?
 それとも・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    わかんねぇo( _ _ )oショボーン
防空壕???

これは ちょっと・・・・・

2006.04.18.14:05

道端に いらしたお地蔵さん
お堂こそ ぼろっちいですが ちゃんとお祭りされているようでした
お地蔵さん

でもね
 こちらに祀られているのは 横の石碑によると

ご祭神
 この地に齋奉られるは 奈良朝時代の
 古き時代に大検校の高い位の拓悦様を
 拓悦権現鎮守として齋奉也
     胃病に霊験あらたか也
             平成元年五月二十二日


 なんですがぁ

「奈良朝時代に 検校の位??????」

   で 調査の結果
検校(けんぎょう)とは 平安時代・鎌倉時代に置かれたもので
元々は寺院や荘園の事務の監督をする役職であったが
室町時代以降 視覚障害者に与えられた最高の官名となった
専用の頭巾・衣類・杖などの所有が許された
他に視覚障害者の役職としては別当、勾当、座頭などがあった
   だそうなんですよね

ということは 奈良朝に「大検校は・・・・・・・」
これは・・・・


   まぁ どうでも 良いんですがね

これは・・・・・・・

2006.04.17.22:30

散歩途中で見つけたんですが
 これは あの有名な「サルノコシカケ」と言うものでしょうか?

足場が悪かったので 傍まで生けなかったんですが

サルノコシカケには 
  慈養強壮の効果があり 心臓病や肝臓病に良いとされてるそうです

ここまで辿り着くのに 坂を上がったり下がったり
   くたびれ果ててたんですよ
 滋養強壮なら 少し齧ればよかったかな?
サルノコシカケ?

山奥の家?????

2006.04.16.22:00

ここともう1つ LOVELOGにブログを持っていますが
 二つあわせた投稿数が この投稿を含めて 
    なんと「580件」となりました

自分のことながら すごいねぇ

さてこの家は 散歩中に見かけたんです
 でも そんな山奥にあるわけじゃないんですよ

でも こう言う風に撮ると まるでいかにも山家の雰囲気でしょう
山家

傍にある家の軒先には 薪が 積んであったけど
  囲炉裏でもあるんでしょか?
    それとも お風呂用?

そういえば 軒先の薪 以前にも何度か見かけたな
 ちょっと 田舎っぽい雰囲気で良いでしょう!
軒先に・・・

もしかして 4時間以上?

2006.04.15.14:15

家を出た時刻から 計算すると・・・・・・
 昨日の散歩は 4時間ほど していたことになるんですよぉ
その前に お友達と立ち話を長~~~~~~いことしてたし(^^ゞ

おかげでめっちゃんこ草臥れました

散歩中ですがぁ 
 「めっけ! たけのこちゃ~ん」
といっても 抜いて持って帰ったわけじゃないですよ

たけのこちゃんの周りには レンゲや虎杖が見えていますでしょう
たけのこさ~ん♪


小さな祠を見つけたので 寄っていくと「桜比売神社」
 でも 周りに桜の花がたくさんあるわけじゃないんです

鳥居の横に まだ若木といっても良いような桜の樹が一本だけ

ググったんですがぁ 桜比売では 何も出てこなかったんですよ
  勝手に 想像を膨らませますか  ねぇ
桜比売神社

停電

2006.04.14.08:53

2~3日前 近くのスーパーにお買い物に行くと・・・・
 突然停電!!

思わず「ほぇ~!」ですよぉ

昨年は大丈夫でしたが 一昨年は すごおい台風が大量に来たでしょう
 お陰で何度か 停電を経験しました

ろうそくの明かりで 生活するなんて 久しぶりの事でした
  電気はすぐに復旧するんですが 付いたと思ったら
またすぐ消えて・・・・なんてこともありましたよ

都会では なかなか経験できないことですよね

このあたりは 海の傍で風が強いんです
 そのせいで 電線に異常が発生しやすいのかな?
停電

お花が沢山咲いてますが・・・・

2006.04.13.09:41

春になると いっせいに花が咲きなじめます
 散歩の途中の 道端にも沢山咲いているんですが・・・

この花は「花韮」
 可愛い花でしょう
花韮

でも 名前がわからない花も おりまして
 この花たち 調べたけれど わかんないんです

どなたかご存知ですか???
紅い花

草むらに咲いていた花

木に咲いていたけど

びっくりしたぁ!

2006.04.12.19:00

かわっぷちを 歩いていると・・・・・この子が出たぁぁぁ!

横に咲いていた花に気をとられていたのですが
  足元に なにやら殺気?を感じて 見下ろすと
はさみを振り上げて 威嚇しています
 「おいらの散歩道に 入ってくるんじゃねぇ 邪魔だぜ!」

「ふ~ん!
 お前が 私の散歩の邪魔してんだよ
生意気なこと言ってると  喰っちまうぞ~~~~~~~!」
実物大?!


  もうちょっとで 踏み潰す所でした

雨の中・・・・・

2006.04.11.16:24

昨日から 大雨が 続いています
 日和佐湾に流れ込んでいる 川の水も 泥水!

渦を巻いて流れています
  今は満潮じゃないのかな?
思ったより 水面が上がっていないんですよね

でも 写真ではわかりませんが 
 沖のほうでは かなり波が高く 荒れています

対岸は 漁港で 普段は舟が並んでいるんですが
  今は どこかに避難して 一隻もいませんねぇ
漁港をのぞむ

右手に 舟が二隻並んでいるのは ここに避難しているからなんですね

山から流れて来たらしいゴミが 水面を覆っていますねぇ
 でも 写ってませんが 鴨が2~3羽 泳いでいました
      のんきだねぇ
避難

  こんな写真撮りに行ってる 私もいい加減 のんきですけどね!

お地蔵様 

2006.04.10.14:39

穏やかなお顔でしょう

お地蔵様の右側に「三界萬霊」
左側には    「寛政九 丁己年十月○四日 深○○普門」
  と書かれています
寛政九年(1797年)と言うことは 今から200年ほど前
  幕末の頃ですね

このお地蔵様 お若く見えますが 本当はかなりのお歳なんですねぇ 
お地蔵さん

畑の中にも お地蔵様

このお地蔵様には「日和佐町教育委員会」が
  町の文化財として認証しているのですが・・・・・・しかし
教育委員会に 話を聞きに行くと 誰も知りませんでした

  何の為の 文化財なんでしょうね
畑の中のお地蔵さん

語るも涙の物語???

2006.04.09.15:54

これは JR四国 牟岐線「阿南駅」の電光掲示板です
 
阿南市から帰ろうとして駅に着いたのは 13時10分頃です
 私が駅のホームに下りていくと すでに電車が待っていました

電車によっては ここ阿南駅で 30分間対向車待ちするんですよ
  30分ですよぉ

特急に乗ると 乗車料金がだいたい倍になるんです
 ですから どうしても各駅に乗りたいので 
いつも 早めに駅に行くんですが・・・・・・・

それだけでなく 一台乗りそこなうと 次の電車まで
     1時間半から2時間待ち!

13時31分の電車に乗り遅れると 
     次は15時20分の特急しかないんですよね

この特急を避けると 次は15時52分の各駅になります

   2時間半待ちですね

まぁ 歩くより早いですけどね

ちょっと気分が悪いとか ちょっとトイレなんて
    途中下車は出来ませんよ

乗り越しなんて もってのほかでございますです   はい!
電光掲示板

花盛り!

2006.04.08.23:46

今年初めての シロタンポポ
この白いタンポポにも「シロバナタンポポ」と「キビシロタンポポ」
   2種類があるんですよねこれはどちらなんでしょうねぇ  
詳しい特徴が この写真では 良くわかりませんよね 
白タンポポ
これは 八重桜ですが まだつぼみです 
5~6個 花が咲いているだけまだまだこれから楽しめますよ  
   満開の頃 行けたらいいんですけどね
八重桜
 


この先 へびが苦手の方は お止めになったほうがいいっすよ

more...

がんばってるよ~

2006.04.07.11:25

春ですねぇ
 小さな 新芽が 沢山顔を出しています

道の途中に 生えていたツワブキです
  お日様でキラキラ光って 
いかにも「生きてるよー!」って言っているように 見えました
光るツワブキ

楠の赤ちゃん?ですね
 体は小さくても しっかり新しい芽を 伸ばしています
小さな楠

もっと もっと 沢山の新芽たちがいましたが
  少しだけ 撮って来ました
新芽1

新芽2

新芽3

羊歯のオブジェ

2006.04.06.23:31

今日「城山コース」を散歩していて見かけたんですが
 まるで なにかの「オブジェ」のようでしょう

本当は もっとあったんですが カメラに収まりきらなくて
  ほんの一部分だけですが
オブジェ?

こちらは かなり長けてきてますが
 どれもこれも まるで言い合わせたように 同じ様子!

これだけ大量に並ぶと 見事!の一言ですよ!!
これもオブジェ??

お花見に行ったよ

2006.04.05.12:15

23番札所 薬王寺門前の風景です
  どこかのおじさんが お遍路さんと 立ち話

子供達は バスで来たお遍路さん
           急いでバスに乗ろうとしています

薬王寺は桜の名所らしいです
    後ろには 満開の桜です

三月四月は 気候も良く 歩きやすいので お遍路さんが増えます
 それでも 今日のような雨の日は 大変です
薬王寺門前

境内にある 厄落としの坂
  自分の厄の数だけ 硬貨を石段に置いていきます
(ほとんど一円玉 たまに 五円とか十円が・・・・極たまです)

境内で最初に あるのが 女厄坂 33段あります
   次が 男厄坂 42段です
   最後が えーっとなんだっけ・・・・
 そうでした    還暦厄坂です これは61段あるようです

ここを上がると 瑜祇塔(ゆぎとう)があります
瑜祇塔とは・・・・・・
  <真言宗の経典である瑜祇経の教理を形にあらわしたもので、
  高さ29mの塔だ。地下は真っ暗な戒壇めぐりに、
  閻魔図などの書画を展示。1階には弘法大師の一生を著した、
  高野大師行状図画を展示している。
  約700年前のもので、国宝に指定されている。
  2階展望台には幸せを運ぶという金色の亀が。
     見学料は大人100円。>
と言うものだそうです
 信仰心の無い私は 見物料がいるというだけで 
   入ったこと 無いんです(ケチと呼ばないで!) 
厄坂三種?

瑜祇塔前から 城山が見えます
 天守閣の下にも 桜が植林されていますが
  どれもまだ若木なので 満開になっても 淋しいですよ
城山を望む


瑜祇塔傍に 枝垂れ桜が 一本だけ ありました
  でも花が少ないので・・・・・・・
枝垂れ桜




一部写真は クリックして大きくしてくださいね

川口ダム

2006.04.04.15:11

徳島県那賀町の有る「川口ダム」です
 たまたま通りかかったんですが 
       桜が満開だったので見物してきました
川口ダムの桜

ダムを渡りきったところです
  
このダムは 昭和36年8月から 運転しているそうです
 県営のダムは 4箇所あるそうですが そのうちの1つです
川口ダム

わたりきると 目の前に 満開の桜が 見事でした
 
この日は 久しぶりにお天気が良く 暖かい一日でした

でもTVを見ていると 北海道で雪が降ったとか
  日本って広いんですねぇ!!
満開です

バスの車中から撮りました

2006.04.03.11:15

ここは 神戸市にある「旧 国立生糸検査所」
 昭和7年5月に竣工したそうです
その頃は生糸輸出は 花形産業だったんですよね

かなりの高齢の建物ですが あの阪神大震災にも耐え
   元気でがんばっています

西隣には 市立の検査所もあります
  バスの中から 撮ったので この角の部分しか写ってませんが
実際は かなり大きな立派な建物です 
旧 国立生糸検査所

とれとれ市公方

2006.04.02.23:27

国道55号線バイパス沿いにある「とれとれ市公方」です
 地もとのJA組合員の方々が 商品を提供しています

商品は新しくて 安いですよ
とれとれ市公方

商品は 野菜 花卉 魚 肉と 多彩です

朝9時から夕方4時までの 営業です
店内

ただ 商品によっては いかにも素人が やったって感じで
  もう少し ディスプレイに 気を使っては・・・・・

     まぁそこが良いんですけどね
行ったのは 土曜日でしたが 沢山のお客さんが 来ていました
鮎

紀州接待講

2006.04.01.16:40

徳島県日和佐町に有る 23番札所「薬王寺」門前で
 「紀州接待講」が 始まっています

これは 今から約200年前
 紀州から四国へ向かっていた漁船が遭難した時に
 日和佐の住民に助けられたのが縁で 
   毎年参加者を募り行っているそうです
紀州接待講

紀州といえば 関西人には 西国33箇所巡礼が 有名です

 1番札所は 那智山 青岸渡寺
 2番札所は 桜の名所で有名な 紀三井山 金剛宝寺(紀三井寺)

最後の33番は どこかわかりますか?
 岐阜県揖斐郡に有る 谷汲山 華厳寺なんですよ
    
ワンクリックお願いします(^0_0^)
リンクしてまーす
カレンダーと月別アーカイブ(タブ)
03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



My PET
beebon君

にゃんこ
カテゴリー
狛やん
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。